2008年05月14日

顎関節症 口が開かない

西八王子駅前整体院 の藤森です。

顎関節症でお困りの20代女性の方が御来院されました。
以前から顎関節症との事で、寝る時にマウスピースを着用したりしていたそうですが今回は1週間位前から口が開き辛くなり
指1本くらい口を開くと、もう口がひらけなくなるそうです。
三年位前に同じ状態になり口腔外科を受診したそうです。
その時は痛みなく口が開けるようになるまで1ヶ月位かかったそうです。  

顎関節の痛み・開きづらさ・カコカコなる などの状態を当院では顎関節のみが問題である とはしていなく他の腰痛・肩コリ・頭痛と同じ様に身体全体のバランスを調整しながら顎関節のお悩みを解決していく方法をとります。

特に気にしている部位は仙骨〜腰椎の歪み・コリ・クビの歪み・コリ・咀嚼筋のコリ・顎関節の歪み と 沢山になりますね。

とゆう事で まずはうつ伏せの状態で全身の筋肉をホグシました。  腰〜オシリにかけては骨盤・腰椎の歪みと関係しましのでジックリとホグシました。
この状態で骨盤の歪みを検査すると仙骨〜腰椎にかけてが反っている状態になっていたので呼吸を使いながら仙腸関節・腰仙関節・腰椎の矯正を行いました。
矯正後に残った腰〜オシリまわりの深い部分のコリ感を関連部位から調整し、腰・オシリの筋肉のコリを緩和していきました。

下部胸椎〜上部胸椎に動きをつけ、背骨のきわの筋肉を緩め、骨盤〜頚椎までの背骨がスムーズに動く感じがしてきたので仰向けの状態で頚椎の矯正にはいりました。
頚椎自体が動きが悪い場合もあれば、クビの筋肉のコリから頚椎の動きが悪くなる場合がありますので、関節の動きが悪いところ筋肉のハリが強いところを見きわめながら頚椎の調整を行いました。
とくに第二頚椎・第三頚椎は顎関節と密接な関係にあるので念入りに調整を行いました。
そして顎関節を動かす筋肉、左右の咬筋・側頭筋の痛み・コリを調整し、側頭部から気を注入し仕上げに顎関節に軽い刺激の矯正を行いました。

この状態で口を開いていただくと痛みなく、バッチリ口が開く事ができました。
この方かなりビックリしていましたが、その後も痛みもなく問題なく口はひらくようです。

顎関節のみの矯正や・噛み合わせの調整も悪くはありませんが、身体全体の歪みを矯正しクビ・咀嚼筋の調整を行い顎関節の矯正を行う方法を当院では取り入れています。
posted by たかゆき at 16:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 顎関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

急な腰痛 動作時の痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛でお困りの30代の男性の方が御来院されました。
この方は、身体を動かす時に骨盤と腰骨の境辺りが強く痛むそうで、座った状態から立つ時や寝た状態から起き上がるときなどに痛みが強くでるそうです。

痛みが出始めたのは昨日からで、思い当たる原因は何もないのに、強い痛みが腰にでているためかなり不安そうです。
またベッドやベンチに座る時もかなり恐る恐る行動されています。

検査のため身体を動かすと腰の屈曲・伸展動作で腰仙部にやはり強い痛みがでます。
痛み訴えている部位の筋肉を触診しても熱感はなく、また腰の筋肉に刺激を加えても強い痛みはないとの事です。
恐らく炎症はおきていなく、なんらかの理由により腰仙関節が上手く動かないために痛みがでていだろうと思います。

まずは、うつ伏せの状態で身体全体の筋肉をほぐしました。
その後は腰・臀部のホグレきらないコリや、痛みの強い筋肉を関連部位から調整を行いました。
これにより腰〜骨盤にかけて右側に捻れていたのも真っ直ぐになり、腰・臀部の筋肉のコリも改善されたため、骨盤矯正をおこなうために専用のベッドに移動してもらいましたが、まだ痛みは強くでるようでゆっくりの移動になります。

痛みを強く感じてる腰仙関節を矯正するよりは、まず骨盤の仙腸関節・股関節の矯正を行った方がよさそうでしたので、呼吸を使いながら左右の仙腸関節と股関節を矯正しました。

この状態で最初に痛みがでた腰の屈曲と伸展をしていただくと痛みは強くでます。   

骨盤まわり・腰まわりの筋肉をホグシさらに関連部位から腰・骨盤まわりの筋肉を調整し、さらに骨の歪み(関節機能異常)を矯正するとなんらかの変化がでる事が多いのですが、今回の状態ですと仙腸関節・腰仙関節・腰椎の関節の矯正が上手くいっていないのではと 判断しました。
ですので他の方法で骨盤・腰仙部の矯正を行う事にしました。

という事で、ベッドに座ってもらった状態からの軸回旋伸張法(矯正体操)を左3回右3回左3回と無理なく行いました。

この状態でベッドから立ち上がってもらうと痛みもなくスムーズにたてました。    さらに寝ていただき、起き上がってもらうと、
「こちらは多少の違和感はあるけど、全然楽に起きれる」 とかなり嬉しそうなようです。
腰の屈曲・伸展も多少の違和感はあるけど、来た時と比べると全然問題ないくらい との事でした。

まだ違和感もあるという事ですので、関節にしっかり動きをつけ歪みをなくしておいたほうがクセにならず今後も安心して生活が送れるのでは
    とお話ししたところご納得していただき次回のご予約を取られてご帰宅されました。

その後は、二回目にいらした時も前回同様の施術を行い、違和感もなくなり、身体がすっきりした状態でご帰宅されました。


posted by たかゆき at 18:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。