2009年02月18日

膝の痛み  正座ができない

西八王子駅前整体院 の藤森です。

膝の痛みでお悩みの50代の女性の方が来院されました。
来院される1年くらい前から右膝の裏に痛みがあり、最初は階段を下りる時に痛みを感じていたそうです。
時間の経過とともに、膝の前面の内側と外側も痛くなるようになってきたそうです。
正座をしようとすると膝裏からフクラハギが張ってしまい正座をができない・そして膝を伸ばしきる事もできない  との事です。
また右足全体の張った感じが常にあるそうです。

当院に来院され前に整形外科さんでレントゲンを撮ったけど、骨や軟骨は特に問題はナイとの事で膝の痛みはありますが治療はしなかったそうです。

まずはリラックスしていただく意味も含め身体全身をほぐしました。
その後は、右膝裏からフクラハギが強く張る との事でしたので、右足の指の動きの悪い指を痛くないくらいの強さでクルクルと入念に回していきました。
そうする事でフクラハギの筋肉も張りが軽減してきます。
フクラハギの張り感が減ったところで膝裏の筋肉を 整体の技術  で
筋緊張を緩めていきました。   
この部位は筋緊張も強い部位でしたので、念入りに調整を行いました。
膝裏の痛み・張りが軽減したので、うつ伏せの状態で膝を曲げると膝裏〜フクラハギの張り感は軽減したけど、太ももの前側に痛みと張り感が出るとの事でした。

膝の悪い方は、膝だけが痛かったり悪かったりする事は少ないので、うつ伏せの状態で骨盤と腰部がスムーズに動くよう矯正を行い、仰向けの状態で膝の前面の調整を行いました。

膝の前面の調整は、膝周りの筋肉の過緊張とフクラハギや太ももの筋肉の緊張を 整体の技術  で調整を行い、筋肉の過緊張が減ったところで仕上げに膝蓋骨と膝関節のモビリゼーションを行いました。

この状態で膝を動かしてみると、膝を曲げた時の膝裏の張りがカナリ軽減されていると、  正座はまだ無理でしたが右足全体の張りも軽減され施術の効果に手応えを感じているようでした。
1年前から続いた痛みなので次回は5日後にご予約を取られてご帰宅されました。
posted by たかゆき at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

正座時の膝の痛みと腰痛 その後

西八王子駅前整体院 の藤森です。

膝の痛みと腰痛でお困りの60代女性の方が御来院されました。
膝の痛みは5〜6年位前からあり、左右ともに痛みがあり左膝の方が痛みが強く、正座をしようとしても痛みのため膝が曲がらず、又左側に体重をかける事ができないとの事です。  痛みがでる場所は左右共に膝のお皿の内側です。
腰痛に関しましては、やはり5〜6年前からあり、仰向けで寝ると腰の下の方が痛くなるため横向きで寝るようにしているとの事です。

腰痛・膝の痛みも最初に整形外科を受診しましたが痛みが改善せずに、その後何処にいけば身体が良くなるのかわからないまま今日まで来た との事でした。

この方のその後の経過です。

前回施術後、腰痛に関しては、仰向けで寝ても痛みが出る事はなくなったとの事です。

膝に関しても、まだしっかり正座ができるわけではありませんが、最初の時よりは、正座に近いところまで膝が曲がるようになってきたとの事です。

腰痛が1回の施術で痛みがでなくなった事にカナリ驚かれていました。

膝の痛みに関しては、痛みの期間が5〜6年あったこともあり完全ではありませんが、良い方向に向かっていますので、初回の時と同じ施術方針で進めて行くことにしました。

膝の痛みは、膝関節が悪化してるケースもありますが、骨盤の関節・足首の関節の機能異常も関係があるので仙腸関節・股関節・足関節にしっかり動きをつけたうえで膝周りの筋肉・関節の施術する という方向ですね。

まずは、うつ伏せの状態で身体全体の筋肉をじっくりと丁寧に、お話しをしながらホグシていきました。
その後は、骨盤矯正をリラックスしながらできるベッドで呼吸を使いながら骨盤の関節に動きをつけていきました。
うつ伏せの状態で骨盤の矯正をした後に、ベッドに座っていただきここで、骨盤・背骨全体の動きを大きくする矯正体操を左右に三回ずつ行いました。
この矯正体操を行う事により、腹部の筋肉の歪みや骨盤の仙腸関節の矯正がさらにしっかりと行う事ができます。

その結果、骨盤や股関節がスムーズに動く事で膝への負担は軽減され、痛みが少なく正座しやすくなるのです。
そして仰向けの状態で足首の関節に無理なく動きをつけたところで、膝周り・太ももの内側・外側の筋肉の硬いところを関連部位の調整からホグシていきました。   

この方の場合は、膝の内側が痛みを感じていましたが、太ももの外側の筋肉の硬い部位が緩まると膝の内側の痛みが軽減していきました。

こういった内容の施術を1週間に1回、合計で4回行ったところ、回を重ねる度にじょじょに膝の可動範囲は広がり、痛みの度合いも減り、最終的に痛みなくしっかりと正座をする事ができるようになりました。

腰痛に関しましても、一度は腰痛がでましたが、寝たら次の日には痛みはなくなりその後腰痛はでていないそうです。

但しまだ長時間の正座に関しての痛みの度合いは分かりませんし、痛みが出ると嫌なので、もう少しこのまま施術を続けていきたいとの事でした。

posted by たかゆき at 19:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

正座時の膝の痛みと腰痛

西八王子駅前整体院 の藤森です。

膝の痛みと腰痛でお困りの60代女性の方が御来院されました。
膝の痛みは5〜6年位前からあり、左右ともに痛みがあり左膝の方が痛みが強く、正座をしようとしても痛みのため膝が曲がらず、又左側に体重をかける事ができないとの事です。  痛みがでる場所は左右共に膝のお皿の内側です。
腰痛に関しましては、やはり5〜6年前からあり、仰向けで寝ると腰の下の方が痛くなるため横向きで寝るようにしているとの事です。

腰痛・膝の痛みも最初に整形外科を受診しましたが痛みが改善せずに、その後何処にいけば身体が良くなるのかわからないまま今日まで来た との事です。

まずは、腰の検査をしますと腰を反る動作で痛みがでます。  その他、前屈・左右回旋では痛みはでませんでした。
膝に関しては、仰向けに寝た状態で僕が動かしても強い痛みはでませんでした。

まずは、リラックスしていただく意味も含めうつ伏せの状態でクビ〜足の先まで全体的に、無理なく筋肉をホグシテいきました。
膝の痛みなのですが、膝の関節・関節包の癒着・膝周りの筋肉の異常なども問題になりますが、骨盤・腰椎の動きが不十分だったり、足首の関節が上手く動かない などの理由で膝関節・膝周りの筋肉に必要以上の負担がかかり痛みがでる という事が良くあります。
そういった事を考え、まずは骨盤・股関節の矯正をして、腰・オシリ周りの筋肉を緩め、骨盤の関節がある程度自由に動くようにしてから膝の調整をした方が良い結果に繋がります。

まずは、うつ伏せの状態で呼吸を使いながら骨盤の矯正を行いました。
その後、オシリ・腰の筋肉の痛み・コリが強い部分を関連部位から調整を行うと、最初の筋肉ホグシでほぐしきれないコリも柔らかくなってきました。

ここでべッドに座っていただき骨盤〜背骨全体の矯正を行う矯正体操を左右に三回ずつ無理なく行いました。
ここで正座をしていただくと、最初より膝が曲がるようになっていました。

膝の調整を行うために仰向けになっていただくと 「あら? 腰がいたくないわ」 と仰向けの状態での腰の痛みは改善していました。
そして仰向けの状態で膝のマニュピュレーションを行い、痛みがある膝の内側の筋肉を関連部位から調整を行いました。

ここでまた正座をしていただくと、また先程より膝がまがるようになっていました。
まだ正座をした時に左のオシリにしっかり体重をのせる事はできませんが、来院時より膝の痛みは減ったとの事です。

この方腰痛・膝痛とも抱えている年月が長いため、1回で全てが解決するわけではありませんが、痛みが軽減する手応えは感じてもらえたようで、次回のご予約をとられご帰宅されました。


posted by たかゆき at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

正座をした時の膝の痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。

正座をした時に膝の裏側が痛くなる というお悩みでお困りの50代女性の方が来院されました。

この方以前に、朝起きたときに腰が痛むとゆうお悩みで来院された事がありました。  
今回は整形外科さんを受診したところレントゲンを撮り、<骨には異常がない>との事で、湿布薬と痛み止めの飲み薬を処方され日常生活を送っていたそうですが、一向に変化がないため当院に来院されました。 
痛みがでてからは、二週間たつそうです。

骨に異常がなく、正座で痛みが出るとゆう事は膝周辺の筋肉の異常収縮や膝関節の機能異常、また骨盤や足首の筋肉や関節機能異常のしわ寄せが膝の辺りにでている事が考えられます。

膝関節を検査のために、痛みのある左膝を動かして見ると関節自体の動きは問題がなさそうでした。   

まずは、リラックスの意味も含めて身体全体をホグシていきました。

痛みがでる膝裏の筋肉を少し押してみると、他の場所より痛みが強く出る との事です。
膝裏の痛みの関連部を刺激すると、膝裏の筋肉の痛みが減少しましたので、何箇所か痛みが減る部位を探して、刺激していくと膝裏の痛みもなくなりました。
そこで足首の関節に無理なく動きをつけました。
骨盤・股関節も膝の痛みと関連性があるので骨盤矯正を呼吸を使いながら行いました。

この状態で正座をしていただくと、まだ痛みはあるけど最初と比べると半分以下になったとのことです。

まだ調整をしていないフトモモの筋肉を触診しますと痛みのある左側のフトモモの筋肉の方が、筋肉のハリ感が強いため外側広筋・大腿筋膜張筋の調整を行い正座をしていただくと、痛みがゼロになったわけでは無いけど、気にならない程度にまで痛みが減少していました。

この膝の感じでは、まだ安心できる状態ではないので、膝の筋肉・関節と骨盤・足首の調整をしましょう とお伝えしたところ納得していただき次回のご予約を取って帰られました。


追記  この方次回に来院された時には、膝の裏側の痛みは一切なくなった とおっしゃってました。
posted by たかゆき at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

膝の痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。

膝の痛みでお悩みの50代男性の方です。
この方、以前にも肩・クビの痛みが辛くなると御来院されていましたが、今回は膝を痛めてしまったとの事です。

お家で、ワンちゃんを無理な体勢で移動しようとした時に膝が横にズレ ビキッと音がしたそうです。
その時は、マズイ と思ったそうですがそれほど悪くなく就寝したそうです。
ですが朝起きると痛みが増し当院に御来院された時は、歩行時に痛みがあり安心して、身体を動かす事が出来ない様子です。

早速、検査のために膝をみますと、腫れ・熱を持ってる感じはなさそうです。
膝を内側・外側にネジル動作・膝を前にだす動作でも痛みがでませんので、膝の靭帯の損傷もなさそうです。
ただうつ伏せで膝のお皿に体重がかかった時・膝の腱を伸ばす動作で強く痛みがでるようです。
また、痛みがない膝と比べると痛い方の膝のお皿の動きが悪い様です。

膝の痛みに関しては、膝の軟骨が磨り減って痛いとか聞く事が多いですが、骨盤の仙腸関節・足首の歪みを調整し膝周りの筋肉・膝関節を調整する事で
症状の緩和・改善が期待できます。

とゆうことで、骨盤の左右・前後の矯正をし、この方は念入りに前後のバランスを整えました。
この状態でお話を伺うと、さっきより痛みが減っているとの事。
オシリの筋肉を丁寧にホグシ膝のお皿・膝関節・足首を無理なく動かし、太ももの筋肉をホグシて施術を終えました。

お話を伺うとまるっきり痛みがなくなったわけではないが、カナリ楽になったと、歩行時も痛みが出なく安心して歩く事ができるとの事です。





posted by たかゆき at 10:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

ご高齢の方の膝痛と腕の痛みと腰痛2

   西八王子駅前整体院 の藤森です。

膝の痛みで整形外科で注射を五回打ったけど完治せず、また右腕の痛みと腰痛でお悩みの80代女性の方2度目の御来院です。
左膝の痛みは、前よりは軽くなり、腰に関ては、痛みはナイとの事です。右腕に関しては、痛みは少し減ったとの事です。
「 先生、腰が痛くないけど何かした?」  と。
        
    ・・・しましたよ。   と僕。

そんな感じでお話をしながら施術に入りました。

リラックスをしてもらうために全体を無理なくホグシてから足首の動きを良くする体操と太ももの内側・膝周りの筋肉を緩める体操を呼吸を使いながらしました。  
腰に関しては、痛みは出てないとの事ですがもう少し動きをつけるために呼吸を使いながら骨盤の調整をしました。
右腕に関しては、肩甲骨に動きをつけ鎖骨・上部胸椎・クビの施術をしました。
施術後にお話を伺うと、正座はまだできないけど、普段お風呂で曲げるくらい膝が曲がると、右肩に関してはまだ少し痛みがあるけど膝同様にそんなに気にならないとの事でした。

この方、お年は80代と高齢ですがお身体の状態・気持ちに関しては、もっとお若い感じです。
このまま100歳位まで元気に生活して欲しいなぁ〜なんて思います。


posted by たかゆき at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

ご高齢の方の膝の痛みと腕の痛み

    西八王子駅前整体院  の藤森です。
   

先日、お越し頂いた方、膝の痛みと腕の痛みと腰痛でお悩みの80代女性の方です。

腕の痛みは腕を後ろに回す時、着物を着る時に痛むそうです。
物置の片付けをしてる時に痛くなり整形外科を受診したところ湿布をはりなさいと言われたそうですが改善しませんでした。     膝に関しても正座が出来なくやはり整形外科を受診され五回ほど膝に注射をしましたが改善しなかったとの事です。    腰に関しては、全体的に痛みご本人曰く 「 背骨がでっぱっている感じ。」 との事です。

こちらの方、実際の年齢よりも御身体・心意気がとても若く、とても気持ちの良い方です。   ですが、強い刺激の調整はあまり良くないので、その事をお話して全体的に身体をホグスのと無理なく身体を動かす調整方法で施術しました。

呼吸をつかいながら腰の調整をして仰向けの状態で足首・両膝の筋肉を緩め
肩甲骨・クビの調整をして、お話をお聞きすると腰は痛みが無く・膝は正座の状態をまだ、とることはできないが最初よりも痛みが少なく曲がると・腕に関しては少しだけ良くなったかな? と    膝と腰に関しては良いみたいですが、腕に関してはまだまだのようです。

お帰りの際も大変喜ばれて帰られました。
後日、お電話がありご予約され近く御来院の予定です。
posted by たかゆき at 11:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。