2007年04月16日

腰痛と両足のシビレとクビの痛み 椎間板ヘルニア

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛と両足のシビレとクビの痛みでお悩みの20代男性の方が御来院されました。
この方、三ヶ所の整形外科さんを過去に受診されており二ヶ所で椎間板ヘルニアと診断され一ヶ所では、診断名はつかなかったそうですが、痛みとシビレに関しては、改善されておらず痛み止めを飲んで症状を緩和させているとの事です。


クビに関しては、ストレートネックと診断され、こちらも痛みは改善してないようです。
過去にカイロプラクティックの本場アメリカに行った時にカイロを受け、身体の調子が良くなったため当院に御来院されました。

当院では、御来院された方が痛くない・怖くないカイロのテクニックを基本にして部位により整体・操体法を使い施術をしています。

まずは、検査のため身体を動かしていきますと、腰を曲げる動作と反る動作で痛み・シビレが強くなります。
クビに関してはほぼ上を向く動作が痛みのためできません。
下向きの状態で背骨をみますと、背骨が右や左に強く捻れてる様子は、ありませんでした。

とゆう事で、リラックスしていただく意味も含めて全身を無理なくホグシていきました。
まずは、骨盤の左右のバランスを呼吸を使いながら矯正しました。
シビレが両方のオシリ〜足まででているために骨盤の左右の調整後に前後のバランスを念入りに、じっくり丁寧に行いました。
また、骨盤・腰椎の反った状態の影響だと思いますが、股関節も左右とも内側に入り込んでいるため矯正をしました。

ひととおり腰部・骨盤周りの矯正が終えてのでお話を伺うと、痛みもシビレもまだあるけど腰の痛み・オシリ〜足のシビレも軽くなったとのことです。
又、クビを上下に動かす動作と骨盤の歪みは連動しますのでクビも動かして頂くと、最初より上を向きやすくなったと。

背骨全体的に動きが悪かったので、背骨の真ん中から上の方に動きをつけた後でクビの調整をしました。
クビに関しては、特にクビを上に上げ易くするような動作を加えながらの矯正をしました。

この状態でクビを動かしていただくと痛みもなく上まで向けました。
腰痛・シビレに関しては、まだ完全ではありませんが痛みの度合いは、わかるくらい減少しています。

施術後の注意点として日常生活で、腰を反る動作を長い時間しないでください とお話したところ、この方意識的に腰を反るようにしていたとの事でした・・・
理由をお聞きすると反ってる方が姿勢が良いと思ったから との事です。

確かに腰を丸めて猫背のようになる姿勢は良い姿勢ではありませんが腰をそり過ぎるのも良くはありません。
立つ時にお腹を前にだすような形で立っている方などは同じように注意が必要です。  大事なのは前後・左右のバランスです。

痛み・シビレは減少しましたがまだ完全ではありませんので次回にご予約を取られてご帰宅されました。


追記   この方はMRIで見たら椎間板ヘルニアと診断されると思いますが今回の痛み・シビレと椎間板ヘルニアは、関係ないと思います。    


posted by たかゆき at 20:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

右臀部〜大腿後面のシビレと左膝の痛み 椎間板ヘルニア2

西八王子駅前整体院 の藤森です。

右のオシリ〜太ももの後ろ側のシビレと左膝の痛みでお悩みの30代男性の方の御来院です。

過去にギックリ腰を3回経験され、以前に整形外科さんで椎間板ヘルニアと診断されています。

この方、二度目の御来院です。
前回の施術後から、右の臀部〜大腿後面のシビレ感は、無くなったとの事です。
左膝に関しては、痛みは相変わらずあり、しゃがんだ状態で体重をかける事は、難しいようです。

骨盤まわりと膝周りを検査していくと、この方骨盤・股関節の歪み方が、がに股になりやすい歪み方をしているのですが、膝の関節は逆に内股になりやすい歪み方をしています。
膝の関節が常にネジレタような形になり体重をかけた時に周りの筋肉に負担がかかり、痛みとしてでているようです。

とゆう事で、骨盤の前後左右の動きを良くする矯正をした後で、股関節が、がに股になりにくくなるよう股関節を矯正しました。

この時点で、「足が長くなったような感覚がする。」
とおっしゃってましたが、オシリの筋肉の緊張感がとれたため本来の位置に股関節が収まったからだと思います。

そして左足の膝を調整する矯正体操を数回行い、痛みがでる動作をしていただくと痛みは、かなり改善されたとカナリ驚かれてる様子です。
それならばと、同じ矯正体操を数回行うと膝の痛みはなくなっていました。

右オシリ〜太ももの後ろ側のシビレ・左膝の痛みと施術を行う事に痛みがとれていき僕もスゴク嬉しいのですが、まだ安心出来る状態では、ナイと思う 
とゆう事を御本人様にお伝えし再度、御来院いただくようお話をして、施術をおえました。
posted by たかゆき at 21:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

臀部〜足先までの痛みとシビレ 椎間板ヘルニア

西八王子駅前整体院 の藤森です。

右側のオシリ〜足先(後面)の痛みとシビレでお悩みの60代の男性の方が御来院です。

この方、九月頃に動けなくなる位の痛みが発症し整形外科さんを受診されたそうです。
その時の診断が椎間板ヘルニアとの事です。
牽引治療と筋弛緩剤のより痛みは軽減しましたが、まだ、仕事中に、特に夕方に痛みとシビレがでるとの事です。

と言うことで検査のため身体を動かしていただくと身体をネジル動作で、右臀部〜足先に痛みが出るとの事です。

まずは、全体的にリラックスをしていただくために全身を無理なくホグシた後で骨盤の左右の歪みを矯正いたしました。
そして普段のお仕事の姿勢の影響でしょう骨盤の真ん中の骨、仙骨の前後の動きが非常に悪かったので、呼吸を使いながら矯正いたしました。
その後、腰椎の動きも硬くなっているため無理なく矯正をして、腰部の痛みと関連性の高い腹部の筋肉を呼吸を使いながら調整して1回目は終了しました。

二回目は、4日後に御来院され、1回目と同じ内容の施術をしました。

後日談なのですが、二回目の施術後痛みは、無くなりました。
シビレに関しても1週間後には、なくなり症状は改善したとの事です。

僕の見解ですが、当院にいらした時点ではオシリ〜足先のシビレ
は、椎間板ヘルニアの影響ではなく、骨盤の仙腸関節の前後左右の歪み(機能異常)により臀部〜下肢の筋肉が異常緊張をおこし
オシリ〜下肢後面の筋肉が酸欠状態になり、痛み・シビレをだしていたと考えられます。

最初の段階では、椎間板ヘルニアが、関与したかもしれませんが
・・・。
ですが、この方のお身体の状態が楽になった事が、何より良かったと思います。

posted by たかゆき at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

右の臀部〜大腿部後面のシビレと左膝の痛み 椎間板ヘルニア

西八王子駅前整体院 の藤森です。

右のオシリ〜太ももの後ろ側のシビレと左膝の痛みでお悩みの30代男性の方の御来院です。

過去にギックリ腰を3回経験され、以前に整形外科さんで椎間板ヘルニアと診断されています。
症状は、昨年の9月にギックリ腰になってから強くなったとのことです。
普段はお仕事がら、身体は良く動かすそうです。

早速、身体の動きをみていきますと、腰の前屈動作で右の大腿部の後面が張ってしまい十分に身体も動かない様子です。
腰を反る動作では、右の仙腸関節に痛みがでます。

膝に関しては、しゃがんだ状態で左足に体重をかけると痛みがでて体重をかけられないようです。
又、少しの間でもしゃがんでると立つ時に左足に力が入らなくなり、右足に体重をかけながらでないと立てない様子です。

という事で、まずはリラックスをしてもらう意味も含め、全体をほぐしていきました。
そして、骨盤の左右の調整をしました。
その後で、呼吸を使いながら骨盤の真ん中の骨の前後のバランスを整えたところで、立っていただいて先程痛みが出た腰の反る動作をしていただきましたが変化は、ありませんでした。
また、腰の前屈動作も少しだけ行きやすくなった程度で、こちらも大きな変化はありませんでした。

仙腸関節が硬く施術にあまり反応していないので今回は、照準を臀部〜大腿後面に絞っていく事にしました。

そして大腿部後面のシビレを緩和する矯正体操をゆっくりと丁寧に1セット行い前屈をして頂くと、さっきより前屈がしやすいとの事です。
とゆうことで、さらに体操を続けると前屈時の足のツッパリ感・シビレは、なくなり腰を反る動作も問題なくできるとの事です。

膝に関しては、ほとんど変化はありませんでした。

膝の痛みもあり、シビレに関しても安心できる状態では、ないので近いうちに御来院いただくようお話をして、今回は施術を終えました。







posted by たかゆき at 18:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

腰〜オシリにかけての痛みとシビレと頭痛3  椎間板ヘルニア

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰〜オシリにかけての痛みと大腿前面のシビレと肩こり・頭痛でお悩みの20代女性の方です。

以前に整形外科さんで椎間板ヘルニアと診断をされてまして、一年位前から痛みがあるとのことです。   シビレに関しては、常にある感じではないようです。
頭痛に関しては、頭の横・側頭部が毎日痛むとの事です。

今回で三回目の御来院ですが、毎日でていた頭痛に関しては、前回の施術後から、なくなったそうです。
腰の痛みも軽減しシビレもでなくなったとの事ですが、以前と重心のかかり方が変わったためか背中の下の方が痛むとの事です。
また、右肩に関しては相変わらずコリ感があるそうです。
前回いらした時は、痛みに対してまるで変化がなかったので、一歩前進です。

立った状態で左右の体重のかかり方を伺うと、以前は右に重心がかかり、左右とも、かかと重心だったのが
今回は、左右均等に足全体で地面を捉えている感じがあり重心も安定しているとの事です。

早速、リラックスしてもらう意味も含め全身を無理なくホグシてから骨盤の左右を矯正して前に引っかかっている骨盤の真ん中の骨をゆっくり丁寧に呼吸を使いながら矯正しました。
骨盤矯正後に股関節も内側に入りこんでいたので、股関節の矯正を右側・左側行いました。

骨盤周り・腰〜背中の筋肉もホグレてきたところで、クビの調整・上部胸椎の矯正を行い施術を終えました。

お話を伺うと、背中の下の方と腰の痛みは、なくなったと。  肩に関しては、まだ残っているが軽減し全体的に身体も軽くなったとの事です。

頭痛も無くなり、腰痛も楽になったけども、また痛みが出るとイヤとの事なので、次回のご予約をとられてご帰宅されました。

posted by たかゆき at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

腰〜オシリの痛み 椎間板ヘルニア3

西八王子駅前整体院 の藤森です。

右の腰痛と右のおしりの痛みでお悩みの30代女性の方です。
この方、以前から慢性的に、腰に痛みがあり何度もギックリ腰を起こしている状態だったそうです。
整形外科さんで椎間板ヘルニアと診断され治療をうけていたのですが改善せずに、当院に御来院されました。

初回から前回と痛みが軽減してきています、そして今回とお話を伺うと左の腰〜仙腸部にかけての痛みがあるとの事。
ですが、痛みのレベルは減少していて動診を行いましても動作により痛みが強くなる事はなく順調に回復してきています。
初回時は腰を反る動作は、ほぼできませんでした。
前回の施術後、調子が良く家事を頑張りすぎたために痛みが戻ってきたとの事です。

とゆうことで、まずはリラックスしてもらうため全身を無理なくほぐしました。
前回同様に、左右のモモの内側の筋肉を呼吸を使いながら調整しシブトク残る右のお腹の筋肉を念入りに調整した後で、いつもの矯正体操を左右に2セット、ゆっくりと確実に行いました。

施術後は腰の痛みもなく、腰を前後に曲げる動作も問題なくなっていました。
この方長い間、腰痛をお持ちでしたので痛みは軽減しましたが日常生活をしながら、施術の間隔を広げるようにお話をして、次回のご予約を取られてご帰宅されました。

ちなみに、個人差はありますが、急に痛くなったものは、比較的早めに・長い時間をかけて作ったコリ・痛みはゆっくりと改善する事が多いです。

もちろん、ケースにより異なりますのでご了承ください。


posted by たかゆき at 21:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

腰〜オシリの痛み 椎間板ヘルニア2

西八王子駅前整体院 の藤森です。

右の腰痛と右のおしりの痛みでお悩みの30代女性の方です。
この方、以前から慢性的に、腰に痛みがあり何度もギックリ腰を起こしている状態だったそうです。
整形外科さんで椎間板ヘルニアと診断され治療をうけていたのですが改善せずに、当院に御来院されました。
今回で二度目の御来院です。

お話を伺うと、痛みはあるけど初回よりは楽になっているとのことで今までとカナリ違うと、またご家族の方も痛みの変化にかなりビックリされてる様子だそうです。

また、二回目に来院するまで自宅で矯正体操は毎日行っていたとのことでそれも回復の大きな手助けになっていると思います。

検査のために御身体を動かすと腰を反る動作以外で動作による痛みはでませんが、反る動作は、少しだけうごける程度です。
今回は、矯正体操の動きを確認するためもあり、まずは矯正体操を左右に行いました。      
腹部の筋肉もかなり緊張しているので、関連性の高いモモの内側の筋肉を緩め腹部の筋肉を念入りに調整したところで座っていただき腰を反りやすくする矯正体操を、ゆっくり確実に行いました。

立って腰を反る動作をして頂くと腰を反る動作が最初に比べるとかなり改善していました。      痛みは無くなったあけではないが、今回の最初よりも軽減してるとの事でした。

まだまだ油断できる状態では、ないので引き続き自宅でも矯正体操をしていただくようお願いして、次回のご予約をとられてご帰宅されました。

posted by たかゆき at 20:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

腰〜オシリにかけての痛みと頭痛2  椎間板ヘルニア

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰〜オシリにかけての痛みと大腿前面のシビレと肩こり・頭痛でお悩みの20代女性の方です。

以前に整形外科さんで椎間板ヘルニアと診断をされてまして、一年位前から痛みがあるとのことです。   シビレに関しては、常にある感じではないようです。
頭痛に関しては、頭の横・側頭部が毎日痛むとの事です。

今回、御来院されお話を伺うと、腰〜オシリの痛み・頭痛共に変化はなく、ツライ状態との事です。
施術後は多少は楽になったがすぐに元に戻った感じです。
慢性的な腰痛・肩こりはともかく、頭痛に関して変化がナク、毎日痛みがでたとゆうのは、正直ショックでした。 
私、頭痛の施術に関しては、カナリ自信をもっていましたので・・・
僕は、まだまだこれからです。

気を取り直し、御身体の検査をしますと前回と同じ身体の歪み方をしていたので前回同様に骨盤の前後・左右のバランスをじっくりと調整し、仕上げに矯正体操をプラスしました。
上部胸椎・頚椎の調整を終え今回は、後頭部とクビの付け根の筋肉をじっくりほぐしました。

お話を伺うと、頭痛は解消され、腰〜オシリもかなり楽になったと、肩に関してはまだ気になるとの事です。

まだまだ、状態が安定したとは思えないので1週間後にご予約をとられてご帰宅されました。
posted by たかゆき at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

腰とおしりの痛み  椎間板ヘルニア

西八王子駅前整体院 の藤森です。

右の腰痛と右のおしりの痛みでお悩みの30代女性の方です。
この方、以前から慢性的に、腰に痛みがあり何度もギックリ腰を起こしている状態だったそうです。
その様な状態で11月に交通事故を起こし (被害者です) さらに状態は悪化したとの事です。
整形外科さんで椎間板ヘルニアと診断され治療をうけていたのですが改善せずに、当院に御来院されました。
日常生活の家事にも支障をきたすくらい状態は、悪いそうで、ご本人様かなり辛そうな感じです。

お話を伺った後で、検査のために身体を動かしていただくと、腰を左にネジル動作で左の仙腸関節に痛みが、腰を反る動作に関しては、ほぼ無理でした。

椎間板ヘルニアと痛みに関しては直接の関係は、ありませんのでその事について、お話をして施術にはいりました。

右方向に腰を回す事に支障はなかったので右方向に矯正体操を3回してから、仰向けで太ももの内側の筋肉を呼吸使いながら緩めた後で念入りに右のお腹の筋肉を緩めた所で、立ってもらい腰を左にネジルと左仙腸関節の痛みは、なくなっていました。
腰を反る動作は、相変わらずほぼ動けませんでした。

ですが、座った状態で左右に腰をネジル事ができるようになったので矯正体操を左右に行いお話を伺うと、痛みはまだあるけど最初よりだいぶ楽になったとの事でした。
腰を反る動作に関して、少しだけ動く範囲が広がりました。

痛みもかなり強く出ている事もあるため次回は、早めの御来院をしていただくのと共に、ご自宅でも矯正体操をしていただくようお願いしてご帰宅されました。
posted by たかゆき at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

腰〜オシリにかけての痛みと頭痛  椎間板ヘルニア

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰〜オシリにかけての痛みと大腿前面のシビレと肩こり・頭痛でお悩みの20代女性の方です。

以前に整形外科さんで椎間板ヘルニアと診断をされてまして、一年位前から痛みがあるとのことです。   シビレに関しては、常にある感じではないようです。
頭痛に関しては、頭の横、側頭部が毎日痛むとの事です。

お話を伺い検査のために身体を動かしてもらうと、腰を反る動作で腰の下の方が痛むと、御来院されたときも頭痛はありました。

この方、普段からずっと右足に体重をかけているそうです。
片足に体重をずっとかけていたり、座る時にどちらかのオシリに体重をかけるクセがある方などは、体重をかけやすい方向がクセづいてしまい骨盤の関節が機能異常を起こしやすくなります。
もちろん、片方に体重をかけてる人がみんな痛みがでるわけでは、ありませんが、そういったクセが痛みを作りやすくしている人が多いです。

まずは、リラックスしてもらう意味も含め、肩からふくらはぎまで無理なくホグシてから、骨盤の左右の調整をし腰椎を含め骨盤全体が前に傾斜しているので呼吸を使いながら調整し腰の前のカーブを緩める簡単な体操をし、股関節の調整をしてから、上部胸椎・クビの調整をして終えました。

お話を伺うと、腰の痛み・頭痛・肩こりも軽減したとの事です。
が、痛みを感じ初めて一年の年月が経過しているのと、腰に関しては以前に椎間板ヘルニアと診断されているのもあるため1週間後に御来院いただくようお話をして、ご帰宅されました。



posted by たかゆき at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。