2008年10月23日

急性症状での注意点

西八王子駅前整体院 の藤森です。


今月は、じょじょに寒くなりだしたせいでしょうか?
<ギックリ腰>や強い痛みの<寝違い>で来院される方が目立ちました。

ギックリ腰や寝違い等の急激な痛みは、基本的に炎症が起こる事が多いです。
そしてこの炎症は24時間〜48時間続くと言われています。
ですから、腰やクビを痛めてから1日〜2日は炎症の痛みが強くでますので、まずは患部を冷やしてあげる事が重要になります。

ただし、1回で20分以上の時間を冷やしますと身体が冷えすぎてしまい逆に身体を温めようとする作用が働きますので、1回のアイシングのお時間は、20分以内にする事をオススメします。
もちろんお風呂にじっくり入ってリラックスもNGです。
炎症がひいて落ち着いてから患部を温めましょうexclamation×2

そして、今回ギックリ腰や寝違い等の急性症状でお越しいただいた方の中での出来事ですが、整体を行った後に来院する前より、痛みが楽になったために、つい仕事で無理をしてしまい、回復が遅くなってしまう方がいました。

痛みが治まっていてもやはり、身体のバランスやコリが全て落ち着いたわけではありませんので、状態にもよりますが1週間位は無理をしないようにしてあげられると、より安全ですね。






posted by たかゆき at 12:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

急な腰痛 動作時の痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛でお困りの30代の男性の方が御来院されました。
この方は、身体を動かす時に骨盤と腰骨の境辺りが強く痛むそうで、座った状態から立つ時や寝た状態から起き上がるときなどに痛みが強くでるそうです。

痛みが出始めたのは昨日からで、思い当たる原因は何もないのに、強い痛みが腰にでているためかなり不安そうです。
またベッドやベンチに座る時もかなり恐る恐る行動されています。

検査のため身体を動かすと腰の屈曲・伸展動作で腰仙部にやはり強い痛みがでます。
痛み訴えている部位の筋肉を触診しても熱感はなく、また腰の筋肉に刺激を加えても強い痛みはないとの事です。
恐らく炎症はおきていなく、なんらかの理由により腰仙関節が上手く動かないために痛みがでていだろうと思います。

まずは、うつ伏せの状態で身体全体の筋肉をほぐしました。
その後は腰・臀部のホグレきらないコリや、痛みの強い筋肉を関連部位から調整を行いました。
これにより腰〜骨盤にかけて右側に捻れていたのも真っ直ぐになり、腰・臀部の筋肉のコリも改善されたため、骨盤矯正をおこなうために専用のベッドに移動してもらいましたが、まだ痛みは強くでるようでゆっくりの移動になります。

痛みを強く感じてる腰仙関節を矯正するよりは、まず骨盤の仙腸関節・股関節の矯正を行った方がよさそうでしたので、呼吸を使いながら左右の仙腸関節と股関節を矯正しました。

この状態で最初に痛みがでた腰の屈曲と伸展をしていただくと痛みは強くでます。   

骨盤まわり・腰まわりの筋肉をホグシさらに関連部位から腰・骨盤まわりの筋肉を調整し、さらに骨の歪み(関節機能異常)を矯正するとなんらかの変化がでる事が多いのですが、今回の状態ですと仙腸関節・腰仙関節・腰椎の関節の矯正が上手くいっていないのではと 判断しました。
ですので他の方法で骨盤・腰仙部の矯正を行う事にしました。

という事で、ベッドに座ってもらった状態からの軸回旋伸張法(矯正体操)を左3回右3回左3回と無理なく行いました。

この状態でベッドから立ち上がってもらうと痛みもなくスムーズにたてました。    さらに寝ていただき、起き上がってもらうと、
「こちらは多少の違和感はあるけど、全然楽に起きれる」 とかなり嬉しそうなようです。
腰の屈曲・伸展も多少の違和感はあるけど、来た時と比べると全然問題ないくらい との事でした。

まだ違和感もあるという事ですので、関節にしっかり動きをつけ歪みをなくしておいたほうがクセにならず今後も安心して生活が送れるのでは
    とお話ししたところご納得していただき次回のご予約を取られてご帰宅されました。

その後は、二回目にいらした時も前回同様の施術を行い、違和感もなくなり、身体がすっきりした状態でご帰宅されました。


posted by たかゆき at 18:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

ギックリ腰 その後

西八王子駅前整体院 の藤森です。

ギックリ腰でお悩みの30代男性のその後です。
この方、初回来院時は足を引きづりながらいらっしゃいましたが、初回の施術で歩行時の痛みは軽減したようです。

二回目にいらした時点で検査をしますと、身体を右にネジル動作で右腰に痛みがでる・腰を前に曲げる時に恐怖感があり腰を深く曲げられないとの事です。
そして、まだ寝た状態から起き上がるときは痛みがでるそうです。

二回目の施術は、前回のように炎症の心配もないので肩〜足先までの身体全体をホグシたあとで、前回同様にオシリ・内モモの筋肉を緩めるように関連部から調整をしました。

その後に硬くなっている腹部の調整を行い、今回のギックリ腰に関係が深い筋系がある程度、緩まったところで、呼吸を使いながら骨盤の矯正をおこないました。

この状態で検査しますと、右に身体をネジル動作での痛みはなくなりましたが、まだ腰を前曲げる動作に恐怖感があるとのことでしたので、左右に矯正体操を無理なく行うと、立った状態でどの方向に腰を動かしても痛みも恐怖感もなくなっていました。

この方、お仕事が身体をハードに動かすお仕事なため、仕上げの意味も含めて合計で三回施術を行いました。
三回目も二回目とほぼ同様の内容でした。

三回目の施術後は、「これでお仕事に復帰できる」 とおっしゃっていました。

今回のこの方のギックリ腰は、筋系の緊張よりも関節機能異常が強くでたケースだったように思います。





posted by たかゆき at 14:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

ギックリ腰

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛でお困りの30代男性の方が来院されました。
お電話の時点で「ギックリ腰で腰を痛めてしまった」 との事でしたが、コルセットを着用し右足を引きずりながら、腰を押さえての来院です。

イスに座ると立てなくなるとの事で、立位でカルテをご記入いただきました。

痛めてしまったのは先日で、一日経過した今日の方が痛みが強くでているとの事でした。   
検査をしたいのですが、とても腰を動かせる状態ではありませんでした。   アイシングもしていないとの事ですので、うつ伏せになっていただき痛みのある右腰にクライオパックを10分間あてアイシングをしつつ、下半身の筋肉をホグシテいきました。

下半身の筋肉をホグシながらお話しを、お伺いしますと寝た状態から起き上がる時・イスから立ち上がる時に右腰に強い痛みがでるそうです。

下半身をホグシタ感じで張り感の強いオシリと内モモをいくら揉んでも変化がないので、これらの関連部位から筋肉を調整するとオシリも内モモもコリ感・痛みが軽減してきました。

ギックリ腰では、腰の筋肉の過緊張もありますが、腹筋がカチカチに硬くなってしまいそのせいで、腰に強い緊張が起きてるケースがあります。
腹筋を触診するとやはり痛みがありますので、仰向けの状態で腹筋を緩和していきました。
じっくりと丁寧に腹筋の緊張を緩める施術を行い、起き上がってもらうと 「 あいたた・・・。 」 とまだ辛そうな様子です。

この状態でべッドから立上がっていただくとまだ痛みはあるものの、以前より痛みが軽減していました。

最後にうつ伏せの状態で呼吸を使いながら骨盤の調整を無理のかからないように行いました。

最後に腰を動かして頂くと腰を前に曲げる動作は動かせるけど、まだ恐怖感があるとの事です。
左右に腰をネジル動作は右にネジルと痛いとの事です。

この状態で痛みはまだ、あるけど来た時と比べるとだいぶ楽になったとの事でした。
まだまだ状態も安心出来る状態ではないので二日後にいらして欲しいとお伝えすると、納得頂きご予約を取られてご帰宅されました。



posted by たかゆき at 19:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

ギックリ腰によるお悩み

西八王子駅前整体院 藤森です。

ギックリ腰でお悩みの40代女性の方が御来院されました。
来院される前日にお荷物を持ち上げた時に「 バキッ 」 という音と共に右腰の上部に強い痛みを感じ30分位その場から動けなくなってしまったとの事です。

いらした時はカナリ辛そうでした。  お話しを伺うとお風呂は軽めにしたけど、直接患部を冷やしたりはしていないとの事ですので、御本人様が一番痛みを感じない姿勢、患部を上にした横向きの姿勢で7分間冷やしました。

急に痛みがでて炎症がある場合は24時間〜48時間は炎症が続くため最初の二日間は、冷やしてあげる必要があります。

患部を冷やしてる時にお話しを伺うと、横向き以外の姿勢は怖くて試していないとの事ですので、横向きの姿勢の状態でまずは、お腹の筋肉を緩めるところからスタートしました。

ギックリ腰の時は多くの方が腹部の筋肉が異常緊張を起こしていて必要以上に、腰に負担をかけているケースが多いためです。

お腹の筋肉、腹直筋・外腹斜筋を関連部からじっくりと時間をかけ緩和していきました。
横向きの状態でだいぶ腹部の筋肉が緩んできましたので、痛みのある右腰を関連部から調整を行いました。

この状態でゆっくりと起き上がっていただくと仰向けになる事ができました。
仰向けの状態で再び腹部の筋肉を関連部から呼吸を使いながら、じっくりと丁寧に調整していきました。

そうする事で今度はうつ伏せになる事ができるようになりましたので、軽い刺激で骨盤・股関節周りの矯正を行いました。

この状態で起き上がっていただくと痛みがなく起き上がる事ができました。

まだ、炎症が抜け切れていないので一気に回復という訳にはいきませんが来た時よりは、楽になったとの事です。

炎症が抜けた時にしっかりアプローチをすると回復の仕方に大きく差がでるので、三日後にいらして欲しい ということをお伝えすると納得していただき次回のご予約を取られてご帰宅されました。


追記   三日後にいらした時は、くしゃみをすると背中に響くけどそれ以外では、問題ないくらいまで回復したとの事でした。
今回も前回同様に腹部の調整は念入りに、腰の痛い部分も関連部からしっかりと緩和しました。
背骨・骨盤の矯正は前回よりしっかりとした調整を行いましたところカナリ楽になり、まったく問題ないレベルまで回復した との事でした。

感謝
posted by たかゆき at 10:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

ギックリ腰2

西八王子駅前整体院 の藤森です。

ギックリ腰でお困りの30代女性の方が御来院されました。

前回はギックリ腰の状態でおこしいただき施術後も痛みは、変化がなくお帰り頂きました。
前回にも記載しましたが、炎症がおきてる状態は24時間〜48時間位続くものですので痛みの軽減はありませんでしたが身体の歪みに対するアプローチはしっかりしてのご帰宅でした。

とゆうことで早速お話を伺うと立ったり・座ったりの身体を前に倒す動作で痛みがでるそうですが、だいぶ痛みも軽減されていて笑顔もみえます。

炎症も収まったので今回は痛みの場所、仙骨を直接調整できそうです。
骨盤、特に仙骨の歪みをみると仙骨が前に入り込んでいる状態になっていてます・左右差もあり右側が特に入りこんでいる状態です。

骨盤が前に傾斜している状態で腰が反ってる方がなりやすい状態ですね。

とゆうことで、今回は骨盤の左右の矯正をした後でメインの仙骨を呼吸を使いながら、じっくりと丁寧に入り込んだ仙骨を起こす動きをつけていきました。

そして、骨盤の矯正が終わった状態でお話を伺うと、痛みは無くなったとのことです。

その後は、クビと肩周りの調整をして最後に矯正体操で足にかかる重心を整え、足全体で地面を捉えられるように調整して施術を終了しました。

後日談ですが、この方今回のような状況になると痛みのある状況が長引いてしまうらしいのですが、今回はその後も痛みはないようです。

posted by たかゆき at 19:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

ギックリ腰

西八王子駅前整体院 の藤森です。

ギックリ腰でお困りの30代女性の方が御来院されました。

痛みが出た詳しい状況は覚えてないとの事ですが、骨盤の真ん中の骨の辺りが強く痛むとの事です。     
お話を伺うと、いわゆるギックリ腰の状態です。
以前からあまり腰は良くなく何度か同じような状態になった事があるそうです。

以前にも当ブログに記載しましたが、ギックリ腰や寝違い・捻挫などの急な痛みは最初に炎症がおきるため冷やしてあげる事が重要になります。

この方、ご連絡を頂いてから御来院されるまでに少し時間がありましたのでお家にいる時点で10分間のアイシングをしていただいてました。

検査のために身体を動かしますと、前屈・後屈は不可能・身体を左に捻る動作で腰に痛みがでるとの事です。

とゆうことで、骨盤の歪みに関係の深いモモの内側の筋肉を左右とも呼吸を使いながら緩め腰痛と関連性の高い腹部の筋肉を呼吸を使いながら調整しました。

今度は、下向きの状態で骨盤の前後・左右の歪みを痛みがでないように軽めの矯正をし最後に7分間のアイシングをして施術を終えました。

お身体の状態は、御来院された状態から改善する様子はありませんでした。
とゆうのも、通常急性期の炎症は24〜48時間・お年を召された方は72時間位でるものです。

その事をお話して二日後に御来院いただくようお話して今回は終えました。
posted by たかゆき at 14:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

ギックリ腰で1週間後も痛みが改善しなかった場合

西八王子駅前整体院 の藤森です。

ギックリ腰による腰痛でお悩みの50代男性の方が御来院されました。
この方、中腰で荷物を持とうとした時に、急に痛みがでたそうです。
いわゆるギックリ腰です。
痛みがでて、1週間お仕事を休まれて寝ていたそうです。
いつもギックリ腰になった時は、それで回復していたそうですが今回は、まるで改善しなかったために、当院に御来院されました。

お話を伺うと、腰を前に曲げる動作そしてそこから戻す動作・座っている時・そしてイスから立つ時に痛みが強く出るとの事で、カナリ辛そうです。

早速、検査のために身体を動かして頂くと左に身体をネジル動作と右にネジル動作でも、右の腰に痛みがでます。
ですが、腰を反る動作では、問題ないようです。

この方の背骨・姿勢をみるといわゆる猫背の状態ですので、それにより腰の筋肉が極度に引っ張られてる状態になっていました。
また普段の姿勢を伺うと、右の足に体重をのせるクセがあるそうです。
座った状態で左のオシリに重心をのせると痛みはでませんでした。

そういった点から考えると、右の骨盤の機能異常と右の腹部の異常緊張により右腰に強い痛みが出てると思います。

とゆうことで、座った状態で無理なく右の腹部を緩める矯正体操を何回か行いました。
矯正体操を行う事に姿勢も良くなり、動きも大きくなります。
その後もゆっくりと休みながら、お話をしつつ矯正体操を行いました。
そして、最後に腰の筋肉を保護するテープを貼り、最初に痛みがでた動作をしていただくと、左右のネジリ動作では、痛みも出ず前屈動作は、以前より痛みが少なくなっていました。

お話を伺っても、完全ではないが腰も楽になったとの事です。

お家での姿勢の注意点をお話して、また一日も早く職場に復帰するために、お家で行う矯正体操をご指導して次回のご予約をとられてご帰宅されました。




posted by たかゆき at 17:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

ギックリ腰

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛 (ギックリ腰)でお悩みの30代男性の方の御来院です。

もともと慢性的な腰痛があり普段からコルセットをして腰痛を緩和していたそうですが、お仕事中に物をとろうと前かがみになった時に ギクッ となり痛みが増したとの事です。

お話を伺い、検査のために身体を動かして頂くと、左右の回旋運動と腰を反る動作は問題ありませんが、前屈動作はほぼ動く事ができませんでした。
イスから立ち上がる動作も前屈同様の動作になりますのでキツイとの事でした。

ちなみに、ギックリ腰・寝チガイ・捻挫等の、急な痛みは炎症が起きます。
炎症を速やかに取り除くにはやはりアイシングが1番ですね。

簡単にポイントをまとめると、保冷剤や氷をタオルでくるんだもの等で10〜15分位冷やす。 1時間位してまた同じように冷やす。
あまり長い時間冷やすと患部だけじゃなく身体全体が冷えてしまい、身体を温めようとする反応が身体のなかで起き、炎症を強めてしまうおそれがあるため時間は、10〜15分位で良いと思います。

炎症は24時間〜48時間 (高齢な方は72時間)位でおさまります。
その後は、温めたり身体を無理なく動かし筋肉を伸ばしてあげる事が重要になってきます。   慢性的な痛みは、アイシングは、逆効果です。

とゆう事で、患部を7分間冷やした後で、太ももの内側の筋肉を緩め、念入りに左右のお腹の筋肉を呼吸を使いながら無理なく調整したところで、座っていただきお話を伺うと、「 少し楽になったような気がする 」
との事です。
ここで矯正体操を左側にゆっくりと行い、立っていただくと立つ時の痛みがナイとの事です。
その後、左右に3回ずつゆっくり・確実に矯正体操を行うと前屈動作での痛みは、なくなりギックリ腰になる前より、腰が楽になったと大変よろこばれていました。

この方、整体院に来院されるのが初めてだったそうですが、痛みに対して臆病にならず、また矯正体操の時も丁寧に身体を動かしてくれたのも早めの痛みの改善につながったのだと思います。


   



posted by たかゆき at 20:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギックリ腰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。