2009年02月28日

腰痛でお困りの方  イスに座れない2

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛でお悩みの60代の女性の方が来院されました。
この方は以前から慢性的に腰痛でお困まりで、過去に整形外科さんで治療をしたり、ブロック注射をしたり、他の整体院に通われたり、針治療を行ったりしたようです。
コルセットは常に着用している状態で、それでも腰痛は回復せず、むしろ日に日に悪くなっていく感じがあり当院に来院されました。

当院に来院された時の状態はコルセットをしたままでイスに座れない状態で、立っていてもだんだん腰が痛くなってきて、腰が反った状態になり神経に触るような痛みがでるとそのまま動けなくなってしまう とゆう状態です。

腰を曲げたり伸ばしたりするのは痛みがでるし、腰を動かすには非常に恐怖感があり、できる事なら動かしたくないとの事です。

お話しの中で、腰が反ってしまう事が痛みに繋がるのではないか?
また、痛い時に腰がスゴク反っているとの事なので、痛みを軽減するのと共に、腰の反りと骨盤の前傾を調整するのを目標に調整を行いました。

この方のその後ですが1週間に2回位のペースで約一ヶ月間施術を続けました。

骨の歪みに関しては、骨盤の前傾と腰の反っている感じを骨盤が立っていて腰が反らない感じで安定させる。
股関節や膝関節の動きをしっかりつけ腰の動きを邪魔しない。

筋肉に関しては、太もも・ふくらはぎ・足裏の筋肉の筋緊張を緩和して、腰への負担を軽減する。  
腹部の筋肉も腰に大きな影響があるから腹部の筋肉の緊張を緩める。

強い痛みを抱えている人は精神的にもカナリ疲れているので、日常生活の中で、今まで怖くて出来なかった行動を少しづつ増やしていく!! そして少しでも今までよりできる行動ができた時にプラスの方向に考えるようにする。     というのを施術方針として施術を続けていきました。

施術を進めていく中で、一進一退ながらも回復していき、歩行時や立位時では痛みは出なくなり、完全ではないけど座っていられる時間も延びてきて映画が観られるようになったり、当院まで車で運転して来院できるようにまでなりました。

今後も更に腰の不安定感が減り、毎日の生活を楽しく生活できるよう目指していきます

posted by たかゆき at 12:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

腰痛でお困りの方 イスに座れない

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛でお悩みの60代の女性の方が来院されました。
この方は以前から慢性的に腰痛でお困まりで、過去に整形外科さんで治療をしたり、ブロック注射をしたり、他の整体院に通われたり、針治療を行ったりしたようです。
コルセットは常に着用している状態で、それでも腰痛は回復せず、むしろ日に日に悪くなっていく感じがあり当院に来院されました。

当院に来院された時の状態はコルセットをしたままでイスに座れない状態で、立っていてもだんだん腰が痛くなってきて、腰が反った状態になり神経に触るような痛みがでるとそのまま動けなくなってしまう とゆう状態です。

腰を曲げたり伸ばしたりするのは痛みがでるし、腰を動かすには非常に恐怖感があり、できる事なら動かしたくないとの事です。

お話しの中で、腰が反ってしまう事が痛みに繋がるのではないか?
また、痛い時に腰がスゴク反っているとの事なので、痛みを軽減するのと共に、腰の反りと骨盤の前傾を調整するのを目標に調整を行いました。

うつ伏せの状態で腰痛と関係がある骨盤・股関節・大腿部周辺の筋緊張を関連部位からジックリと丁寧に行い、腰の筋肉の筋緊張を整体の技術で調整し、筋肉が柔らかくなったところで骨盤矯正を行いました。
骨盤矯正は、呼吸を使いながらじっくりと腰の反りを治す方法です。

矯正後は、腰の反りはなくなり腰が立っている感じとの事です。
実際に痛みや恐怖感に関しては、減ってはいるけどまだまだ、安心できる状態ではナイとの事でした。

今回は腰の状態もかなり悪く、精神的にも痛みに対して強く恐怖感を持っている状態ですので、1週間に2回のペースで施術を行っていきましょう とお話ししたところ 「毎日じゃなくていいの1週間に2回じゃ少なくないか?」 との事でしたが  まずは、このペースで様子を観て痛みが改善しなかったらすぐにペースを変更しましょう とお話しをして納得いただき施術を終えました。






posted by たかゆき at 17:23| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

腰痛と股関節の痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛と右股関節の痛みと坐骨神経の痛みでお悩みの50代の女性の方が来院されました。

お話しをお伺いすると、この方4〜5年位前から腰や股関節に痛みがあり整形外科さんでレントゲンを撮ったところ変形性股関節症(右側) と診断されたそうです。

身体を前に曲げて戻す時に腰が痛んだり、右足を持ち上げる時に右の股関節前面〜太ももの前側に強く痛みがでます。
また座った状態で痛みがない左足は大きく動きますが、右足は膝が股関節より上にはあがらない状態です。

ここでうつ伏せの状態になっていただくと骨盤〜背骨までが大きく右側にズレながら回旋している状態です。
これだと右股関節の前面も筋肉が縮んだ状態で固まってしまい股関節や腰を動かす時に大きな負担になってしまいます。

今回は、骨盤のネジレと股関節のネジレと腰部のネジレという、骨の歪みを矯正するのと、硬くなってしまった筋肉をホグシ身体がスムーズに動く事を行います。

筋肉に関しては、痛いところの筋肉を押したり揉んだりしてもホグレル限界がありますので、痛みやコリが緩和するポイントの部位を探しだし調整する事により筋肉が今まで以上にホグレルという整体の技術を行います。

骨盤・腰の矯正は呼吸を使いながら前後左右の色々な方向に骨盤が動くようジワリジワリ行いました。
うつ伏せの状態で、お尻まわり・腰周りの筋肉を調整し、仰向けの状態で股関節の可動域を大きくする調整をして、太もも前面の筋肉〜股関節前面・内モモの筋肉の調整を行い、調整を終えました。

ここで再度検査をしてみると右足を持ち上げる時の痛みはなくなっていました。
身体を前に曲げて戻す時に痛みも軽減していました。
4〜5年前から続いていた痛みがこれでなくなる事は考えがたいし、また変形性股関節症との診断もありますので 「今後1週間に1回のペースでお身体の様子をみていきましょう」 とお話ししたところ、ご納得いただけて、次回のご予約をお取りしてご帰宅されました。


posted by たかゆき at 14:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

右臀部と左膝の激しい痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。

右オシリと大腿部側面・左膝の痛みでお悩みの40代男性の方が御来院されました。
痛みが強くなったのが来院される1週間位前からだそうです。  
以前から腰痛をお持ちでしたが、今回のようにどうしようもないような痛みになったのは初めての事だそうです。

状態としては、ギックリ腰のような状態で、歩くのも辛そうです。
お話しを伺うと、重い荷物をもつ時やイス・ベッドに座る時・立ち上がる時・起きる時に強い痛みを右のオシリと大腿側面に感じるそうです。
また、右オシリの痛い部分をかばう結果か、左の膝の下辺りがしゃがみこむ時に強く・鋭く痛むそうです。

痛みが強く検査で身体を動かす事は難しそうだったので、まずはべっドに座っていただきました。
この状態から矯正体操を行うために、右足を伸ばしてもらうと鋭い痛みが右のオシリにでるため右足を伸ばす事ができませんでした。
ですので、痛みが出ない体勢をとり、左側にゆっくりと矯正体操を行うと痛みは出ませんでした。  左側に三回矯正体操を行い今度は反対側の右側に矯正体操をゆっくり・丁寧に三回行いました。
矯正体操を左右に3回ずつ行うと、「なんか右のオシリの痛みが減った気がする」 との事でしたので、この後も休み・休み矯正体操を左右に行いました。 

そうすると先程感じた右足を伸ばす動作での右オシリの鋭い痛みはなくなっていました。
そして今度は痛みを感じている右オシリの痛みを、調整するために下向きになっていただきました。
痛みを感じてる筋肉を直接モミホグシても深い部分のコリを取り去るのは難しいので、痛みの場所とつながっている部位、関連部位からの調整を行い、右オシリ・右腰の固くコッテしまっている部分を調整しました。
また、腰痛・坐骨神経痛・臀部痛などに深く関係している事が多い腹部の調整も無理なく丁寧に行いました。

仕上げに再度座っていただき、矯正体操を左右に休み休み行いました。
この状態でベッドから立ち上がっていただくと、痛みも少なく立ち上がる事ができました。
まだ、痛みは残っていますが、来た時と比べると楽になったと笑顔もみられます。   時間の関係上で左膝の痛みには対応できませんでした。 また、まだまだ安心できる状態ではありませんので1週間以内の来院をお願いしてご帰宅されました。

posted by たかゆき at 20:21| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

腰痛 同一姿勢・起床時での痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛でお悩みの30代男性の方が御来院しました。

この方、一ヶ月位前から腰が痛くなり整形外科さんを受診したところレントゲンを撮り 骨や椎間板に異常はナイ との診断を受けたそうです。
ですがその後痛みは回復せずに今に至るとの事です。
座っている状態が一番辛く、また朝や動作の動きだしの時に左仙腸関節部が痛くなるとの事です。 

検査のためにお身体を動かすと腰を反る動作で左仙腸部が痛くて腰を反る事が出来ませんでした。

まずは、うつ伏せの状態でリラックスしていただく意味も含めて、クビから肩・背中・腰と全身を無理なくホグシていきました。
この方のように、動作の動きだしの痛みや朝の痛みというのは、筋肉のコリより関節機能異常(関節の引っ掛かり)がメインの原因になる事が多いです。
こういった方は筋肉を攻めるより関節の動きをしっかりつけていく事が大事になってきます。

全身をホグシタ後で骨盤の検査を行うと仙骨の歪みが確認できましたので、呼吸を使いながら無理なく仙骨の矯正を行いました。
そして仙骨〜腰部が反ってしまっている感じになっていたので、腰部の反りを改善する矯正をじっくり、丁寧に行いました。
これで骨盤・腰椎の関節に動きがついてきました。

背部痛もあるということなので、おしり周り・腰周りも含めて背中周りもそれぞれの筋肉を関連部位から調整を行い筋肉のコリ・痛みを軽減していきました。
仕上げにクビの矯正をし肩〜クビ周りの筋肉をホグシました。

この状態で腰を反っていただくと動作時の痛みは出なくなっていました。
座っていただくと、痛みはまだありますが、最初よりは軽減しているとの事です。

ですが、まだ安心できる状態ではありませんし、起床時の痛みも気になると お話しをしたところご納得いただき次回のご予約を取られてご帰宅されました。



posted by たかゆき at 18:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

腰痛・臀部痛と太ももの内側の痛み2

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛と太ももの痛みでお悩みの50代男性の方の御来院です。

二度目の御来院です。  腰痛は1ヶ月位前より太ももの内側の痛みは、急に痛くなり足をあげる事が出来ないとの事でした。

前回の施術後腰痛・モモの内側と来院前より痛みは、かなり良くなったそうですが、以前より痛みのあった腰痛に関しては、まだ完全ではないようです。
前回はモモの内側の方が気になり腰の状態よりもモモの内側の方を気にされていましたが今回は腰痛が気になるそうです。

腰に関して詳しくお話を伺うと、夜に晩酌をしているときも腰が気になってリラックスできなく又、仰向けに寝る事が以前はできなかったそうですが、どちらも施術後は大丈夫になったそうです。

下向きの状態で、腰部・骨盤の状態を検査すると左のオシリが上にあがり腰の筋肉も左側が縮んでしまい背骨が捻れています。
また、前回同様に背骨の腰の部分が、丸くなっていて腰の筋肉が張りやすい状態になっていました。

まずは、左のオシリと右のオシリの高さを同じにするための矯正を呼吸を使いながら矯正しました。
その後、骨盤・腰部の前後の動きを良くするために呼吸を使いながら仙骨〜腰部の矯正を行いました。

この状態でお話を伺うと、仙骨〜腰部の矯正を行うと腰痛の状態がカナリ改善するとの事です。

前後のバランス・前後の姿勢と言うとみなさん猫背を気にする方が多いのですが
猫背の方で単純に背中が丸い事だけが原因になる事は、ほぼありえません。
例えば。腰を丸めずに背中を丸める事がしづらいように腹部の筋肉の緊張や、腰の状態などが重要になってきます。
腰と言う漢字も 身体の部位を表す時に良く使う 月 へんに 要 かなめ という字を使いますよね。
やはり腰は身体の要なのだと私も思います。

話はそれましたが、骨盤・腰部の歪みを矯正した結果、腰の状態・ももの内側に関しても問題なくなりました。

ですが、この方普段のお仕事で無理な体勢をしたり重い荷物を持つそうなのでもう少し通いながら身体の歪みを調整するとのことで次回のご予約をお取りになりご帰宅されました。
posted by たかゆき at 10:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

仙骨〜腰の痛み3

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛・クビ・肩の痛みでお悩みの20代男性の方が御来院されました。

この方、初めての施術で腰痛が改善しつつあったのですが、その後サッカーをした事により腰の痛みが強くなりギックリ腰のような状態になってしまいました。

今回で三度目の御来院です。
お話を伺うと、その後は順調に回復しつつあり来院される日の朝に痛みがあったそうですがご自身で行う矯正体操をすると痛みは軽減したとのことです。

前回はギックリ腰のような状態でしたので、仙骨・腰部に対する直接の施術は控えめにしていましたが今回は炎症も治まりましたので骨盤を中心に施術をしていきました。

とゆう事でまずは、下向きの状態で骨盤の真ん中の骨、仙骨の捻れを矯正しました。
そして、今回の痛みの一番の原因である仙骨〜腰部の反りを呼吸を使いながらじっくりと丁寧に矯正しました。

この状態で、痛みはかなり改善しましたがまだ左側に若干の違和感があるとの事なので、腰の反りを改善する矯正体操をこれまたじっくりと丁寧に数回行いました。

腰に関しては、これで痛み・違和感・動作痛もなくなったのでクビの調整を行い施術を終えました。

現在は、問題なくお身体が動きますがスポーツに関しては、無理なく再開してください とお話してご帰宅されました。

後日談ですがこの方、その後はまったく痛みが無くなったとの連絡をいただきました。
スポーツに関しては、もう少し様子をみてから再開するとの事でした。






posted by たかゆき at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

腰痛・臀部痛と太もも内側の痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛と太ももの痛みでお悩みの50代男性の方の御来院です。

この方腰痛と臀部痛が1ヶ月位前からあり、太ももの内側の痛みは昨夜から急に痛くなったそうです。

お仕事に出かけたが、太ももの痛みのため早退されたそうです。
歩く事は出来ますが階段のようにモモを上げる動作は痛みが強くでるために出来ないとの事です。

お話を伺い検査のために身体を動かすと前屈の動作で腰に痛みがでます。
腰を反る動作と捻る動作は、問題ないようです。
モモに関しては、座った状態でモモをあげる事は痛みのためほぼできませんでした。

この方お仕事柄無理な姿勢をしたり重い荷物を持つとの事です。

とゆうことで、骨盤周りの詳しい検査をしてまずは呼吸を使いながら骨盤の捻れを調整しました。
そしてお仕事柄丸くなりがちな腰の状態を呼吸を使いながら、丁寧にゆっくりと調整しました。

この状態で腰がいくらか楽にはなっていますがまだ骨盤の動き・臀部・腰部の筋肉に張り感があるため骨盤の捻れと股関節を矯正しました。

この状態で腰の筋肉の緊張もかなり緩んでいたのでモモの内側の状態も変化してるだろう、と思い動かして頂くと腰の痛みは無いが、肝心のモモの内側に関しては、一切変化してませんでした。

骨盤・腰に関しては、歪み・痛みも無くなっていたので今度は、局所的にモモの内側の筋肉にアプローチをしました。
といってもこの方の歪みのクセから考えると内モモの筋肉が伸ばされやすいために内モモの筋肉を縮めて少しの間固定をしてみました。
すると、先ほどより楽になっているとの事です。
それならば、と同じ事を三回ほど繰り返すと痛みはなくなりモモも問題なく挙がるようになっていました。

この方も痛みがすんなりと改善したのにカナリびっくりされていましたが基本的に急に痛くなったものに関しては比較的スムーズに痛みが抜ける事が多いです。
ただ、この状態で我慢をしたり、最初の施術の診立てを間違えると状態が長引くケースが多くなります。
私以外の人の治療・施術の診立て違いも含まれます。

また、慢性の痛みがあった状態での急な痛みや、歪みが強く深い方の急性な痛みでは、スムーズに改善しないケースがあります。


この事を御本人様にもお話をして、次回のご予約をとられてご帰宅されました。
posted by たかゆき at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

仙骨〜腰の痛み2

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛・クビ・肩の痛みでお悩みの20代男性の方が御来院されました。

今回二度目の御来院ですが、この方前回の施術でカナリ痛みは軽減したのですが骨盤・腰の状態はまだ不安定なためご自宅での矯正体操をやっていただくのとスポーツに関してはもう少し様子をみてから行っていただくようお話をしていたのですが、以前からの約束でサッカーをする事になっていたそうです。

サッカーをするまでは、腰の痛みは大丈夫だったそうなんですがサッカー後痛みは強くなり仙骨〜腰までがギックリ腰のような状態になってしまいました。

同じ姿勢でいると腰が痛くなり身体を前後に曲げる事は、ほぼ出来ない状態でした。

とゆうことでまずは、下向きの状態で腰を7分間アイシングを致しました。
寝違い・ギックリ腰・捻挫等の急な痛みに対しては、アイシングをしてあげるのが基本です。
また慢性的な状態では温めるのが、基本になります。

場合によってはギックリ腰でも骨盤の関節を直接矯正する事もありますが、今回の方は筋肉の過緊張が強いパターンですのでまずは、腰痛と関連性の高いお腹の筋肉とモモの内側の筋肉をそれぞれ呼吸を使いながら、丁寧にじっくりと調節をしました。

その後ゆっくりと、痛みがでない方向に矯正体操を2セット行うと痛みが軽減してきたとの事です。
その後も休み休みで矯正体操を無理なく行い最後にキネシオテープで仙骨〜腰部の保護をして施術を終えました。

術後は、痛みもまだ残るが軽減したとのことでした。

ぜんかい同様に今回も安心できる状態ではないので、御家庭での矯正体操を行っていただくようお話をして次回のご予約をとられてご帰宅されました。
またスポーツに関しても、もう少し様子をみてからにして欲しいとお話をしました。
posted by たかゆき at 14:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

仙骨〜腰の痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛・クビ・肩の痛みでお悩みの20代男性の方が御来院されました。

御来院される10日位前から腰の痛みが強くなったそうです。
以前から軽く痛みはあったそうなのですが、水泳で久しぶりに平泳ぎをしてから痛みが強くなったそうで、かなり辛そうな様子です。    
座っていると腰の痛みで身体をよじらないといられないとの事です。
クビ・肩も気になるが何より腰が辛いと。

検査のために身体を動かしていくと身体を捻る動作は問題ありませんが前屈と腰を反る動作は腰の下から上まで痛みが強くでるためにできそうもありませんでした。

下向きになっていただいた状態で骨盤・腰の状態を診ると腰の反りが強く恐らく平泳ぎをした際に腰の筋肉が強く縮んでしまい仙骨〜腰部の骨の動きを悪くしているのが痛みの原因だと考えられます。

この方は、カイロプラクティックによる整体を受けた事がないそうなのでリラックスをしてもらう意味も含め身体全体を無理なくホグシてから骨盤と腰部の矯正に入りました。

骨盤の仙骨の左右の歪みを、無理なく矯正し反ってしまっている腰を呼吸を使いながらゆっくりと丁寧に調節をしました。

この時点で腰はだいぶ楽になり腰の前屈・後屈もしやすくなったとの事です。
肩・クビも痛みがあるので調整をしました。    クビの上の方の左側が特に痛みがあるとの事なので注意深く触診し矯正すると肩・クビも楽になったとの事です。

そして最後に痛みの原因になっていた右仙関節の歪みと腰の反りに対応する矯正体操を行い施術を終えました。

お身体の状態はカナリ改善したとの事ですが、まだまだ安心できる状態ではありません。
ここで腰を反る動作を長時間したり、強い刺激がはいれば、また同じような痛みがでても不思議ではないです。
その事をお話し次回のご予約をとられてお帰りになりました。


posted by たかゆき at 09:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

腰痛 寝返り等で痛みが強くなる場合2

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛でお悩みの50代女性の方です。
腰が痛みだし、4〜5日様子をみましたが、改善されずに当院に御来院されました。
今回が二回目です。

寝返り・イスから立ち上がる動作で痛みが強くでるとの事でしたが前回施術後は、イスから立つ動作は、問題無くなりました。
痛みもあるが以前よりは、軽減したとのことです。

早速、お話を伺い検査のために身体を動かすと腰を反る動作は痛みが強くほぼできません。

とゆうことで、全体を無理なくホグシてから骨盤の左右のバランスを調整し、腰椎〜骨盤の真ん中の骨(仙骨)が、前に入りすぎていて、腰の筋肉が強く縮んでいるので呼吸を使いながら、腰椎・仙骨の矯正を無理なく致しました。

仰向けになっていただき、寝返り時の痛みと関連性の高い腹部を
呼吸を使いながら調整して、仕上げは矯正体操です。

腰を反る動作ができるようになる矯正体操を数セット行いますと、施術後は腰を反る動作もできるようになっていました。

動作時の痛みもなくなり、安静時も痛みはなくなりましたが、ご本人様とお話をした結果、痛みもすんなり抜けたしもう少し通ってみるとの事で、ご予約を取られてご帰宅されました。


posted by たかゆき at 20:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

オシリの痛みとスネの痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。

右のオシリの痛みと右足のスネ辺りの痛みでお悩みの50代女性の方が、御来院されました。

この方、もともと慢性的に右の骨盤の骨辺り(仙腸部)に痛みがあったそうですが、1週間位前から痛みが強くなったそうです。
当院に来院される前に針治療に三回・病院で三回、痛み止めを点滴にいれる
とゆう治療をしていたそうですが、痛みが改善しませんでした。
そして以前、に来院された事がある息子さんに紹介され今回御来院です。

お話を伺うと、じっとしていても右のオシリの痛みと右足の痛みがあるそうでカナリ辛そうです。

検査のために身体を動かすと、前屈と左右の回旋は、問題なくできますが腰を反る動作は、一切できませんでした。

とゆうことで、まずはうつ伏せの状態から施術に入りました。
寝ていると、オシリとスネの部分が痛いとの事です。
最初に、骨盤・腰椎・下肢の調整を丁寧に無理なくしてから仰向けになっていただきました。
骨盤と下肢の調整後は痛みは、楽になっていましたが仰向けになると、まだオシリが痛むとのことです。
仰向けの状態でオシリの筋肉の痛み・腰痛と関連性の高い腹部の調整をしようとしましたが、痛みのためできませんでした。

ですが、ここで座っていただくと、オシリの痛みは軽減し足の痛みは無くなったとの事です。
ここから、矯正体操を無理なく行いました。
身体を動かす動作で痛みが多少でて、不安そうでしたが理由を説明して、数回矯正体操をゆっくりと無理なく続けると痛みがやわらいできて、ホッとした表情を浮かべてました。

その後、お話を伺うとオシリの痛みと足の痛みは軽減したとの事です。
腰を反る動作も痛みは出ますが動かす範囲広がっていました。

痛みは軽減しましたがまだまだ安心できる状態では無いので、また近いうちにお越しいただくようお話をしてご帰宅されました。
posted by たかゆき at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

腰痛 寝返り等で痛みが強くなる場合

西八王子駅前整体院 の藤森です。

腰痛でお悩みの50代女性の方です。
腰が痛みだし、4〜5日様子をみましたが、改善されずに当院に御来院されました。

お話を伺うと、寝ていて寝返りをうつ時に腰の上の方に痛みがでる・座っていて立つ時に力が入らないとの事です。     
状態としては、ギックリ腰に近い状態です。
腰痛の原因に思い当たる事はないそうです。

検査のために身体を動かしてみると腰を反る動作は、一切出来ないとの事です。
また、身体を右にネジル動作でも腰に痛みがでます。

とゆうことで、まずは腰の筋肉の異常緊張を緩めるために座った状態で矯正体操を痛くない方に行いました。
その後で、仰向けになってもらい太ももの内側の筋肉が硬くなっているので、左右とも呼吸を使いながら無理なく緩めました。
寝返りと関連性の高い、腹部の筋肉を呼吸を使いながら丁寧にじっくりと行い再びベッドに座っていただきました。

まだ起き上がる時は、腰に痛みがでて辛そうです。
ですが、最初に痛みがでた身体を右にネジル動作をしていただくと痛みはでませんでした。
そして、仕上げに矯正体操を行いました。

動作を確認するために、ベッドから立っていただくと痛みが無く立ち上がれて笑顔もでました。
ですが、腰を反る動作は、まだ難しいようです。
身体を左右にネジルも問題なくでき、痛みも軽減したとの事です。

まだ痛みも残る状態ですので、次回のご予約を取られてご帰宅されました。

やはり、施術後の笑顔や「楽になりました。」のお言葉は、何度見ても、また何度頂いても嬉しいですね。
沢山の人から、笑顔や感謝の言葉をいただけるよう、もっともっと勉強をしよう と思います。

posted by たかゆき at 14:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。