2008年03月22日

クビ〜腕にかけての痛み2

西八王子駅前整体院 の藤森です。
右首すじから右腕にかけての痛みでお困りの60代女性の方が御来院されました。
この方は一年半位前からこの痛みで悩んでいて、週二回のペースで指圧に通われていたけど改善しなかったとの事でした。
首を動かした時に痛みが強くなるという事はないのですが、痛みのある右腕の肘や手首を少しでも屈曲すると力こぶの筋肉、上腕二頭筋がポコッと 力こぶをつくろうと肘を曲げた時くらい 力こぶが でるとのことです。
また、右の首が左の首と比べて明らかに首の太さが違っています。
右の胸鎖乳突筋を中心に首の筋肉が異常硬縮している状態です。
実際に痛みがある場所の筋肉が何らかの理由で固まってしまっているのが痛みの原因なのですが、痛みのある場所を直接アプローチする指圧に通われていたのに、変化がないという事を考えると、原因は他の場所にありそうです。

前回の施術から1週間後の御来院です。
お身体の状態をお伺いすると初回時より多少はクビ〜右腕が軽くなったけど、まだ気になるとの事です。
やはり、右腕の屈曲動作で 力こぶ がでます。

まずは、肩〜足裏までの全身を無理なくホグシテいきました。
前回同様に左右の仙腸関節の歪みの矯正をしました。 
腰仙関節も動きが悪くなっているので、呼吸を使いながら無理なく矯正しました。
仙腸関節や腰仙関節はクビの関節とも繋がりがありますので、クビの痛みを改善するには外せない場所です。
場合によっては、仙腸関節と腰仙関節の矯正のみで頭痛が改善する場合もあります。

その後、肩甲骨の高さの背中の筋肉を関連部位から念入りに調整し肩甲骨が大きく動くよう調整し胸椎の調整を行いました。

この時点でお話しを伺うと、来た時点からは多少は改善したけど大きな変化はナイとの事でした。

仰向けの状態でクビを触診していくとクビの5番・6番の右側が筋肉の硬血があり関節の動きが非常に少なくなっていました。
右腕の痛みもありますので右上腕・前腕・右の胸部の筋肉を丁寧にホグシた後でクビの背面・側面・前面をホグシました。
それでも5番・6番の右側の関節の動きは少ないままなので、これらの関節を直接矯正しました。

このクビの矯正がとても気持ちよかったようです。

結果的には、5番・6番の頚椎を直接矯正するのが、1番この方の状態にはあっていたようでした。
というのも、1週間後に御来院された時に右腕の痛みとクビの痛みがカナリ軽減された との事でした。

右のクビも最初より細くスッキリした感じにもなってきて非常に喜ばれていました。
この方は、1週間に1回のペースで4回来院された時点でクビの痛みと右腕の痛み・クビの筋肉の異常硬縮も改善されてきたので、その後は歪み・疲れ・コリをためこまないように2週間に1回のペースでいらしてます。


posted by たかゆき at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クビ〜腕にかけての痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

クビ〜腕にかけての痛み

西八王子駅前整体院 の藤森です。
右首すじから右腕にかけての痛みでお困りの60代女性の方が御来院されました。

この方は一年半位前からこの痛みで悩んでいて、週二回のペースで指圧に通われていたけど改善しなかったとの事でした。
首を動かした時に痛みが強くなるという事はないのですが、痛みのある右腕の肘や手首を少しでも屈曲すると力こぶの筋肉、上腕二頭筋がポコッと 力こぶをつくろうと肘を曲げた時くらい 力こぶが でるとのことです。

また、右の首が左の首と比べて明らかに首の太さが違っています。
右の胸鎖乳突筋を中心に首の筋肉が異常硬縮している状態です。
実際に痛みがある場所の筋肉が何らかの理由で固まってしまっているのが痛みの原因なのですが、痛みのある場所を直接アプローチする指圧に通われていたのに、変化がないという事を考えると、原因は他の場所にありそうです。

まずは、リラックスをしていただく意味も含めて肩〜足の裏まで丁寧にゆっくりと全身の筋肉をホグシていきました。

その後、骨盤の検査をすると左右の腸骨と腰仙関節に歪みがありましたので、骨盤矯正専用のベッドで呼吸を使いながら左右の腸骨を矯正しました。  
そして仕上げに腰仙関節を呼吸を使いながら矯正しました。

腰仙関節や仙腸関節(骨盤の関節) の動きが悪いと、腰部や胸部・頚部、つまり背骨全体の動きが悪くなる場合がありますので、この方のように上肢やクビの痛みの場合でも、骨盤の関節からアプローチする事が大事になります。

骨盤矯正の後は背中が少し丸く猫背気味になっていて動きも少し悪かったので、肩甲骨の高さからクビまでの背骨・背骨の横を走る筋肉の調整をおこないました。

そして、問題の上腕部とクビの筋肉を、関連部位である前腕部や肩甲骨周りから調整していくと筋肉はだいぶほぐれてきましたので、仕上げに頚椎を念入りに検査し、無理や痛みがかからないように頚椎の矯正を行いました。

この状態でお話しを伺うと、来院時よりは状態は良くなったけど、まだ痛みは残るとの事でした。

一年半以上前から悩んでいた痛みが1回で良くなるとは、この方も思っていなかったようです。  何回か通いながら様子をみたいとの事でした。

最後にお身体の歪みの状態と日常生活で気をつけて欲しい点をお伝えして施術を終えました。

posted by たかゆき at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クビ〜腕にかけての痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。